梅雨が長引いています…
ただ今日は、久しぶりに晴れ間を見ることができました。

 

畑に痛んだ玉(ユウガオの実)が山のように捨てられている、
そんな農家さんもいます。長雨の影響です。
私たちが管理を手伝っているかんぴょう畑はこちらです。

↑中央の葉が黄色くなり始めました。

 

玉の収穫量は波があり、1シーズンに2〜3回沢山収穫する時期が来ます。
ただ今年は早い時期に木が疲れています。
長雨が関係していると思われ、後の収穫量に影響が出るかもしれません。

 

続きは、「大変だった」先週の除草作業の様子をお伝えします。

・・・・・・・・・

[前回の記事]から2日後(7月12日)、やっと除草作業に人手が回りました。
4日来られなかっただけですが、畑は大変厳しい状況でした。

↑一週間前の同じ「かんぴょう畑」です。
 この時は雑草で埋め尽くされていました。

 

この日から大雨の日を除き、できる限りの除草作業が続きました。
生産の業務も相変わらず忙しく、本業のマルキンの業務もあります。
社員一人しか畑に来られなくても、僅かでも除草作業を進めました。
 

・・・・・・・・・
最初の画像は今日(7月19日)の同じ畑ですが、
実は一番雑草が少なく感じる位置から撮影しています(^^;
雑草と、私たちの手指や鎌の、真剣勝負が続いています。

 

※草取りの重要さを[こちら]で説明しています!

 

最盛期の今、仕事をしていない時間は全て
「体調をケアする休憩時間」「エネルギーの補給時間」です。
体を壊さないために、余裕はありません…!
 

最近は社員の間で、『眠ると雑草を掴む様子が浮かんでくる』
と聞きます(笑

 

農家さんも私たちも、かんぴょう作りに一生懸命なんです。

関連する記事
コメント
コメントする